食欲の落ちた老犬に茹でた鶏ささみを与えたら即完食した!

18歳5か月ほどになる痴呆気味の老犬リンの介護をしています。

前回(2018年10月23日)までの老犬リンの健康状態はこちら。

【関連記事】便秘気味の老犬にさつまいも・焼き芋をあげる

 

スポンサーリンク

たびたび食事を食べなくなってしまう

お腹の調子は相変わらず。お腹からグルグル鳴る音は聞こえるし、便秘気味なのも改善していない。

やはり食事量が減っているのが大きな原因だろう。

最近は一日に必要な量の半分程度しかフードを食べない。

 

2018年10月初旬に軟便をするようになってから、ロイヤルカナンの消化器サポート低脂肪ドライにドッグフードを変更し与えていたが、徐々に食欲は落ち、とうとう口もつけなくなってしまった。

【関連記事】ロイヤルカナン消化器サポート低脂肪ドライは、1kg・3kg・8kgと3種類のサイズがあります

 

ドライフードはもう食べなさそうなので、代わりにヒルズのサイエンスダイエットウェット缶を与えてみる。

しかし、数回は食べたものの、やはり口をつけなくなってしまった。

缶詰のウェットフードでは、唯一ヒルズ(Hills)のa/d回復期ケアチキンだけ食べてくれる状態だ。

【関連記事】食欲の衰えた老犬のためにヒルズ(Hills)のa/d缶(回復期ケア・チキン)をドッグフードに混ぜたら食べた話

 

ヒルズのa/d缶は通販でしか購入できない(動物病院でも購入できるが割高なので通販がオススメ)ので、ストック切れが発生しやすい。

一度食べなくなると、ヒルズのa/d缶以外一切受け付けなくなる。

食べない状態は突然くるから、一気にa/d缶のストックが無くなってしまうのだ。

そして今まさに、ストックが切れて注文したad缶の到着を待っているところ。

 

通販の場合、ショップに在庫がないとすぐに届かない。

手元に来るまでにタイムラグが発生してしまうのが痛いところだ。

今回は今後のことも考えて、24缶まとめ買いした。

届くまであと数日かかるので、それまで何も食べさせないわけにもいかないし、a/d缶が到着するまでの間、以前から一度試してみようと思っていた鶏ささみを与えてみることにした。

 

茹でた鶏ささみを犬に与えてみる

鶏の部位の中でささみを選択したのは、脂質が少ないからである。

私の犬は、過去に2回膵炎にかかっているので、脂質の多い食事はNGだ。

 

鶏ささみは、炭水化物や脂質はほとんどなく、ほぼタンパク質なのが良い。

ドライフードにトッピングしてあげれば、老犬に不足しがちなタンパク質を補うことができるのでオススメ。

ささみの栄養素【カロリーslism】

 

今回は、シンプルに茹でたささみをそのまま与えてみることにした。

食欲が落ちているときは、食べてくれることが最優先。

変にドライフードと混ぜてしまって興味を無くしてしまうともったいないしね。

 

ささみの茹で方は簡単。

鍋のお湯が沸騰したらささみを投入。

再沸騰したら火を止めて、蓋をして10分間放置するだけで出来上がり。

茹であがったササミは、スプーンで押すだけで簡単に千切れるくらい柔らかくなっている。

 

食べてくれるか心配しながら、犬の前にささみを載せたお皿を差し出す。

すると、ほんの少し匂いを嗅ぐやいなや、ものすごい勢いで食べはじめた!

若かりし頃のすさまじい食欲を思い出すほどの勢いだ。

あっという間に完食。秒で平らげてしまった(≧▽≦)

 

茹でたササミがこれほどまでに老犬の食欲を刺激するとは思ってもいなかった。

既製品のささみを使用したフードとは、食いつきがまるで違う。

既製品のささみを使ったオヤツやフードは以前から与えいたが、これほどまでに食いつくことはなかった。

 

やはり茹でたばかりの新鮮なお肉だからこそ、食欲をそそられるのだろう。

食が細くてすぐに食べなくなってしまう老犬の食事には常に悩まされているが、心強い味方を見つけることができて良かった。

今後は毎食茹でたささみをあげることにする。

 

ささみの茹で汁も犬は大好き

ささみを茹でた際に残った茹で汁は、捨てずにとっておこう。

この茹で汁には、ささみの匂いやらエキスやらが凝縮されている。

ササミの茹で汁をドライフードにかけるだけで、食べなくなってしまっていたロイヤルカナン消化器サポートドライも再び食べるようになってくれた。

 

低カロリーのササミだけで十分なカロリーを摂取させるのは大変なので、ドッグフードを食べてくれるとかなり助かる。

ササミだけだと、うちの犬の場合、1日に600gくらい食べさせないといけない><

 

ドライフードだけでなく、ウェットフードにかけるのも効果的だ。

ウェットフードの缶詰の場合、残った分は冷蔵庫で保管することになるが、冷えたウェットフードは犬の食いつきが非常に悪くなる。

そこでささみの茹で汁の登場である。

 

冷えたウェットフードをお湯でふやかすのも良いのだが、ささみの茹で汁でふやかすとさらに食いつきがよくなるのだ。

ささみ本体だけでなく、茹でた汁まで犬の食欲を刺激するなんて万能すぎる。

鶏ささみ様様である。

 

食欲にムラのある愛犬に悩まされている方は、騙されたと思って一度鶏ささみを試してみて欲しい。

どんな高価なドッグフードよりも抜群の食いつきを見せてくれる可能性がササミにはある。

スポンサーリンク
介護日記
オザワ

資産生活者を目指して投資と節約の日々。割安性重視。国内株式投資メイン。

虫歯と歯周病を恐れている。予防歯科にこだわる。最高の歯医者さんと歯科衛生士さんとの出会いを求めているが、未だ出会えず歯科ジプシー中。

アイドル(ほぼ乃木坂)は人生の潤い。乃木坂一期生齋藤飛鳥さん卒業と同時にオタ卒予定。

バイクは、CBR250R。原付2種沼の魅力にハマりかけている。

髭脱毛のため脱毛器ケノン実践中(2017年6月~)。

オザワをフォローする
オザワをフォローする
オザワの静かな生活
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました