老犬の食事量が激減したが、強制給餌はしない。自然に任せていく。

18歳になる痴呆気味の老犬リンの介護をしています。

2018年7月より、睡眠導入剤(セルシン)を服用しています。

睡眠導入剤使用までの経緯はこちらの記事をどうぞ。

【過去記事】痴呆の症状がある老犬に睡眠導入剤を与える

 

私の老犬リンの状態(2018年8月29日現在)は、こちらの記事をごらんください。

【関連記事】老犬介護と安楽死

スポンサーリンク

老犬の食事量が激減した

興奮が収まらない症状が始まった5月頃から、食事量は少しずつ減少していったが、1週間ほど前から急激に食欲が落ちた。

今は、ほとんど食事をしていない状況だ。

 

食事の回数は朝と夜の2回。

ドッグフード5gにウェットフード20gほどをかけてあげるが、それでも残してしまうような状況だ。

私の犬は体重が15キロ以上ある中型犬(今は14キロ台)なので、これだけの食事では完食してもまったく足りない。

食欲が戻る気配はないため、今後も体重は減少の一途をたどるだろう。

 

食事以外では、ジャーキーとさつまいものおやつを食べる。

どちらも薬を与えるときに使用しているおやつだ。

薬だけあげても、犬は見向きもしないので、おやつは必須だ。

 

おやつと薬をまとめて手で直接あげると、最近は手に噛みつくようになってきたので、細長いスティック状のさつまいものおやつに、薬を埋め込んであげている。

これならば長さがあるので、端っこをつまんであげれば安全に与えることができる。

 

無理に食事を与えることはしない

犬の食欲が落ちたのは、今回が初めてではない。

ちょうど1年前の2017年9月に、すい炎・肝炎を起こした際も、一時まったく食事をしなくなってしまった。

 

その際は、病気の影響なのか、それとも老衰のためなのか判断がつかなかったため、溶かしたウェットフードをシリンジ(注射器)に詰めて、口の横から注入して食事をさせていた。

いわゆる、強制給餌である。

 

器に入れたフードに口をつけない状態でも、口の中にフードを流し込めば犬は飲み込むのだ。

自ら進んで食事をしない日が数日続いたが、やがて体調が回復するとともに、器から自分で食べるようになった。

 

老犬の食欲が落ちた時に、どうすればいいのかは悩むところだ。

病気ならば治療をするし、老衰ならば自然に任せる。

しかし、病気と老衰、その見分けをつけることは非常に難しい。

 

実際、シリンジで強制給餌していたときも、常に悩んでいた。

この状態をいつまでも続けるのは、犬にとって幸せなのだろうかと。

1年前のときは、自分からフードに口をつけない状態が2週間続いたら、あとは天命に任せようと決めていた。

 

ドッグフードを口に詰め込んだりして生かされているのは、犬がどう思っているかは分からないけど、おそらく本望ではないだろう。

私が老人になったときに、無理やり栄養補給されて延命されたら嫌だし。

 

今回の状況は、痴呆の症状が出ていて前回とは状況がまるで違うが、生活の質が落ちているのは疑いようがない。

起きていても、ひたすら仰向けに反りかえろうするだけ。

私のこともすでに認識できていないだろう。

今回は口の中にフードを詰めて食べさせるようなことはしない。自然に任せていく。

スポンサーリンク
介護日記
オザワ

資産生活者を目指して投資と節約の日々。割安性重視。国内株式投資メイン。

虫歯と歯周病を恐れている。予防歯科にこだわる。最高の歯医者さんと歯科衛生士さんとの出会いを求めているが、未だ出会えず歯科ジプシー中。

アイドル(ほぼ乃木坂)は人生の潤い。乃木坂一期生齋藤飛鳥さん卒業と同時にオタ卒予定。

バイクは、CBR250R。原付2種沼の魅力にハマりかけている。

髭脱毛のため脱毛器ケノン実践中(2017年6月~)。

オザワをフォローする
オザワをフォローする
オザワの静かな生活
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました